女性

プロ級の仕上がりです

化粧

エアブラシから吹き出た微粒子は肌への吸着が早いです。そのため、エアブラシを使用しながらメイクを行なうことで、きめの細かい肌にすることができます。また、肌にかかる負担も軽減してくれるため、ニキビなどの肌トラブルを防ぐことができます。

基礎化粧品の働き

婦人

基礎化粧品には使う順番や役割があります。洗顔をしたあと、化粧水を塗ってからクリームや乳液で保湿をするのがスキンケアの基本的な方法です。エイジングケアをするなら、美容液やアイクリームなどを加えると効果的です。

肌の保湿も考えたケアを

鏡を見る人

配合成分にも注目する

女性らしさを保つエストロゲンといったホルモンが減少し、体調の変化や肉体的な衰えが起こりやすいのが40代です。肌質が変化して化粧の相性に悩まされたり、免疫力の低下で肌荒れに見舞われるといったトラブルを抱えがちです。そのため40代向けの基礎化粧品の特長として、エイジングケアによる肌の老化対策が行えるものが多く見られます。40代の肌のエイジングケアとして、特に重視されているのが乾燥対策です。水分量が減少した肌はバリア機能の低下を招き、肌の張りの低下だけでなく、ニキビやシミ、シワの原因にも繋がります。そのため基礎化粧品選びは肌の保湿保持をサポートしてくれる成分が配合されたものが理想的です。例えばビタミンC誘導体が配合された基礎化粧品は40代をはじめ、エイジングケアに取り組む女性に特に評判が高まっています。ビタミンC誘導体は肌の保湿を担う真皮層のコラーゲンを強化する働きを持ちます。従来のビタミンCと違い、誘導体化されたこの成分は肌の奥深くまで届くため、エイジングケアの効果が出やすいとされています。また40代のための基礎化粧品は、肌の刺激を抑えたタイプのものが多いのも特長の1つです。前述のように肌質の変化や肌老化が40代では起こりやすいため、低刺激の基礎化粧品は肌トラブルを回避しやすいというメリットがあります。合成着色料や合成保存料、合成香料などの配合を抑えた基礎化粧品は低リスクでエイジングケアができます。老化現象に打ち勝ちましょう。

まつ毛を長くする方法

睫毛

まつ毛を伸ばす方法として、美容液やローヤルゼリーローションを塗ることがあります。睡眠などの生活習慣を併用して見直すようにすると良いです。食生活でもまつ毛に必要な栄養を摂取することで毛が生えてきやすくなるため、日常に無理のないように取り入れて行きましょう。